講師 北山真路(Mamichi Kitayama)

1975   兵庫県川西市に生まれる
1991 リュート奏者:佐野健二氏に師事
クラッシックギターのレッスンを受け始める
1994 大阪音楽大学短期大学部 音楽専攻入学
ギタリスト:藤井敬吾氏に師事
1995 第22回日本ギター協会 ギターコンクール(大学生の部)入賞
初渡米。ミネソタ州ケンブリッジのミドルスクールにて、ゲストライブを行う
1996 ギターユニット「CRACKER JACK」で京阪神を拠点に活動
大阪音楽大学短期大学部 音楽専攻卒業
バークリー音楽院 World Scholarship Tour Asia にて奨学金を得る
1997 単身マサチューセッツ州・ボストンへ渡米
1998 ギタリスト:Bruce Bartlett 氏に師事
ジャズ理論・奏法について学ぶ
2000 バークリー音楽院卒業
  帰国後、ジャパンギタースクール(大阪)にてギター講師を勤める
2001

東京へ活動拠点を移動
アーティストのサポートギタリストとしての活動を開始

2002 ニューオリンズ・ファンクバンド「CHILL HAZE」を結成
自主製作版1st ALBUMをリリースし、関西へのツアーを決行
2003 Rainy's Band公開ライブRECにてオープニングアクトを勤める
2004 東京にてBig Chief Bo Dollis & The Wild Magnoliasと初セッション
CHILL HAZE 2nd ALBUM「Gator Gator Party」発表
Kyosuke Koizumiのライブプロジェクト「Stream」に参加
2006 ルイジアナ州 ニューオリンズへ移住
Frenchman Stでのセッション

2007

 

 

2008~

 

2015

French Quarter Festivalに参加
帰国

 

東京都足立区にて、ギター個人レッスンを開講

 

兵庫県川西市へ移住

現在に至る


Chill Haze 足立区 北千住Crowfish

チルヘイズは、ニューオリンズ・ファンクをコンセプトとして、G, B, Dr, Keyの4ピースにより、2002年4月東京で結成。 様々なインストゥルメンタル曲を中心に都内「自由が丘マルディグラ」を中心にライブ活動。 同年10月、自主制作による1stアルバム「CHILL HAZE」を発表。CD発表を機に京都・大阪へのライブツアーを行う。 2003年、ヴォーカリスト播東氏との初セッションを行い、 Rainy's Band 公開ライブレコーディングのオープニングアクトを勤める。 その後のCHILL HAZEのライブ活動は、 オリジナル・インストゥルメンタル曲&ニューオリンズ・スタンダード曲をも交えたライブ活動が中心となる。 2004年、ツアーにて来日した Big Chief Bo Dollis & The Wild Magnolias とのプライベートセッションを果たし、同年12月、2nd Album 「Gator Gator Party」を発表。 2005年4月、ルイジアナ州ニューオリンズ・ジャズフェスティバルへ勉強旅行。 同年7月「自由が丘マルディグラ」でのライブで解散となる。

Everybody It's Allright / CHILL HAZE (2004)

CHILL HAZEオリジナルメンバーでリハーサル中に作ったFUNKナンバー。結局レコーディングはされず、ライブでも数回しか演っていない。

 

Still Life / Mamichi Kitayama (2002)

インストバラード曲。阿佐ヶ谷でのライブによる、キジコマシ・バージョンです。2005年12月録音。

 

Expless Yourself / Mamichi Kitayama (2005)

2005年からスタートしたセッショントリオ、キジコマシ。2005年10月、新宿区大久保でのライブでの模様。

 

Around The Clock / Mamichi Kitayama (2002)

Slow Blues?JAZZ?作曲時のイメージと全然違う方向に行ってしまった。CHILL HAZE "Gator Gator Party" に収録。

 

Snappy Holiday / Mamichi Kitayama (2002)

ニューオリンズ・セカンドライン。Tromboneでテーマを奏でる様子をイメージして作った。2004年自由が丘マルディグラでのライブ時の模様。

 

Session A / Mamichi Kitayama (2006)

 2006年8月10日録音、5曲レコーディングしたキジコマシの曲の中から。

 

キジコマシ 杉並区 阿佐ヶ谷Drum

2005年初旬、元々交流のあった、北山真路(Vo&G) 築忠史(B) 高野真吾(DR)の3人で、セッション&実験する勉強トリオ。Jam系Jazz Funkを中心に、RockテイストものやJazzなど、それぞれの個性を自由に出せる場所として始まった。新橋西口でのストリートライブから始まり、その後数回のギグを こなしていたが、2006年8月のレコーディング(5曲収録)を最後に、ライブ活動を一時中断しています。

Fonk de Session 台東区 浅草Zinc

好きな曲を持ち寄ってセッションしようじゃないか!と集まったメンバー柴田 鑑(Sax )北山真路(G)山本 賢介(B)高野 真吾(Dr ) オリジナル曲や往年のFunk、R&B、ニューオリンズナンバーをセッションする。